あなたはお客さんの奴隷になっていませんか?

投稿日:

最終更新日:

お客を選ぶ

お客さんの言うことをなんでも聞いてはいけない?!

こんにちは、レイちゃん先生です。

あなたは
「モンスターカスタマー」って知ってますか?

「お客さまは神様です」
これは、有名な三波春夫さんの言葉ですが、
それを誤解して

「俺は客だぞ!カネ払ってるんだから言うこと聞くのが当たり前だろう!」

などと理不尽な要求をするお客のことを
「モンスターカスタマー」と言います。

ショップ店員に土下座させたり、
タクシーの仕切板を蹴り壊したりするのは
もはや立派な犯罪なので論外ですが

「いつも来てるんだから安くしてよ〜」とか
「これもオマケにつけてよ〜」とか
わりと罪の意識なく言っちゃってる人、いますよね。

でも、これらの不当な値引き要求に屈してしまったら

それは
あなたのビジネスの「価値を下げる」ことになります。

また、モンスターカスタマーは
一度値引きやオマケのゲットに成功すると
どんどん調子に乗って要求をエスカレートさせていきます。

「いつも来てくれてる大切な常連さんだから・・・」
「これで常連さんになってくれるなら安いもんだ・・・」

なんて自分に言い訳して、
モンスターカスタマーの言いなりになっていませんか?

気がついたらほとんど利益の出ない価格で
商品・サービスを提供してしまっていた!

・・・おそろしいですね。

では、どうしたら良いのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。

・・・・

・・・・

・・・・

考えました?

「不当な値引き要求はスパッと断る!」

答えは、ズバリ
「不当な値引き要求はスパッと断る!」
です!

「え〜!そんなことしたらせっかくのお客さんが逃げちゃう!」

なんて思いました?

でもですね、
考えてみてください。

モンスターカスタマーに言われるがままに
値引きをしてしまうと、
気がつけば、
定価を払ってくれるお客さんは寄り付かなくなり
値引きしないと来ないお客だけになってしまいます。

そうすると、
忙しいのにほとんど利益が出ないので
「貧乏ヒマなし」
になってしまいます。

しかし、あなたのお客さんは
そんな人ばかりではないはずです。

ちゃんと定価を払っている良いお客さんもいるはずです。

定価を払ってくださる良いお客さんにとって
モンスターカスタマーにだけ割引するのは
とっても失礼なことだと思いませんか?

勇気を持って、理不尽な値引き要求には
毅然とした態度でお断りしてみてはいかがですか?

【いますぐ新規客を獲得する方法】を知りたくありませんか?

執筆者プロフィール

レイちゃん先生

マーケティングパートナー/「安売りしない」「売り込まない」「お客を選ぶ」非常識経営法の専門家。早稲田大学中退後、ネクタイ時代・ホステス時代を経て「スナック女子が飲めて歌える憩いの場『浅草ロゼ』」のオーナーママ。そのユニークなキャラと経験をもとに、飲食・美容・施術系から士業まで幅広い業種の女性経営者に「理想のお客さんだけを相手に」「働く時間を減らしながら」利益を増やして人生を楽しむためのアドバイスを行っている。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『あなたはお客さんの奴隷になっていませんか?』の前後の投稿はこちら▼